在宅医療から得た
女性ケアの知識

治療をした日から
ウォーキング
子育て女性に
高齢の女性に

人工知能を
使った
適切な治療量の提案

ドイツ、イタリア、英国など
ヨーロッパ各国で
190学術論文が引用
当院のメッシュなし手術治療

骨盤臓器脱と尿失禁の日帰り手術クリニック

女性泌尿器科に取り組んで30年になります。若い頃は在宅医療に没頭し、往診先で骨盤臓器脱・尿失禁に悩む患者さんを目の当たりにしました。泌尿器科の知識だけでは治療が難しいことを実感し、悔しく思ったものです。ちょうどその頃、米国で女性泌尿器科という分野が誕生したことを知り、渡米して手術を猛勉強しました。帰国後、2008年に日帰り手術クリニックを開設しました。
当院では、骨盤臓器脱手術に人工メッシュを使用せず、妊娠予定の方も高齢の方も治療可能です。治療後は、その日のうちにウォーキングができるよう目指しています。この方法は副作用が少なく、治癒が良いというデータもあります。
私たちは15年間、毎年1000件の治療に取り組み、約1万人の骨盤臓器脱手術を行ってきました。一人ひとりに最適な治療計画を提供するため、メッシュを使わないネイティブ・リペア手術の複数の技術を習得し、臨機応変に応用できる経験を積んできました。
また、日本全国からメッシュ疼痛などの術後トラブルに悩む女性を受け入れ、修復治療に尽力してきました。あらゆるケースを解決することで、初期治療におけるリスク対応能力を身につけてきたのです。
午前中を手術に専念することで、初診から手術まで150日以内を実現しています。高齢の方や働く女性も、生活に支障をきたすことなく治療を受けられます。ひとりで悩んでいる女性の方は、ぜひ当院をご利用ください。

パイオニアとしての責任感

当院では、重症の骨盤臓器脱、過活動膀胱、原因不明の間質性膀胱炎など、まだ十分に解明されていない疾患に取り組んでいます。医師が患者さんに説明する際には、分かりやすい言葉で丁寧に伝えることが大切ですが、未知の領域に挑戦するためには、客観的な指標が必要不可欠です。
学会発表だけでは不十分で、治療法の有効性を示すには、英語論文を執筆し、海外の医師による査読審査を受けることが重要です。さらに、米国医学図書館PubMedに登録されることで、その治療法が国際的に認められたことになります。これは非常にハードルの高い作業ですが、医療の発展のために必要なプロセスです。
当院では現在、23本の国際論文を発表し、ヨーロッパを中心に251の論文に引用されています。特に、間質性膀胱炎の新しいタイプの発見、アスリート特有の尿失禁治療の開発、乳がんサバイバーの治療マニュアルの確立など、先駆的な研究を行っています。また、メッシュ摘出という新しい分野にも取り組んでいます。
こうした努力が認められ、2023年には総合医学雑誌Cureusから\"国際医学賞\"を受賞しました。当院では、最新の知見に基づいた治療を自信を持って提案し、患者さんに最適な医療を提供してまいります。

相談できずに悩んでいる人のために、私たちの提案。
イラスト豊富な病気の解説

マンガのわかりやすい解説

国内・海外の医学教科書を担当

当院は『今日の治療指針(医学書院)』にて、2015年尿道カテーテル、2019年在宅排泄ケア、2021年尿道疾患、2022年間質性膀胱炎、2023年膀胱瘤、『今日の診断指針(医学書院)』での2024年過活動膀胱を担当しております。また、『医学大辞典(医学書院)』、『今日の問診票/診断辞典(プレシジョン)』の骨盤臓器脱。海外の医学教科書では、『The Essentials for Gynecology(MINERVA MEDICA)』の過活動膀胱・間質性膀胱炎、『Lastied perstective OAB treatment(MINERVA MEDICA)』の過活動膀胱外科治療・間質性膀胱炎外科治療を執筆しています。

保険診療と自由診療

当院は、治療困難とされた患者様(難治例と言います)に特に積極的に取り組んでおります。また、妊娠を予定しているために尿道人工テープの手術を避けたいという事情の患者様も積極的に対応しております。一部の疾患は法律に準じ自由(自費)診療になります。日本国の法律で混合診療ができませんので、クリニックとして慎重に対応しております。ご理解・ご協力をお願いいたします。

保険診療

自由(自費)診療 ~ 保険適応外になります

海外の医療と注目論文から重要な情報を解説

当院からは査読付き英語医学論文22本、英語教科書2本、国内教科書5本を出しています。

医療法人ウローギネ・ネット
よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック
(完全予約制)
郵便番号238-0008
神奈川県横須賀市大滝町2-6ザ・タワー横須賀中央(リドレ)3階
電話046-823-8456
★当ホームページ内容について照会をされたい場合はお電話をお願いします。
(内容によっては、お答えできない場合があります)

午前 手術手術手術手術手術
午後 1時から3時 外来外来外来外来外来

医療法ガイドライン規定による開示
開設者:医療法人ウローギネ・ネット
神奈川県横須賀市大滝町2-6
奥井伸雄(日本泌尿器科学会専門医)
奥井真知子 (日本泌尿器科学会泌尿器科医)
診療日・時間 (ホームページ上記参照)
完全予約制診療(事前問診)
新型コロナウイルス感染
COVID-19に対する対策
発熱患者・新興感染症への対応
ウイルス専用UV空調設備
新型コロナ・オンライン診療
管理運営に関すること
コンセプト
医療情報の提供(健康医学誌VIEW)
ユーチューブ・チャンネル
安全確保
個人情報の適正な取り扱いの措置
英語版ホームページ
中国語版ホームページ
共同診療連携施設
神奈川歯科大学
横須賀タワークリニック
その他 
オンライン資格確認
支払い方法 (保険診療
支払い方法(自費診療
駐車設備 (リドレ横須賀92台)
治験
災害対策

提供される医療の内容(1)
治療基本方針
膀胱瘤(経腟膀胱脱)
子宮脱
直腸瘤(経腟直腸脱)
子宮摘出後の膣全脱
骨盤臓器脱のための水腎症
尿管狭窄
漢方による治療
腹圧性尿失禁(尿道過可動
腹圧性尿失禁(内尿道括約筋不全)
過活動膀胱(ボツリヌス毒素注入治療など)
低活動膀胱(排尿筋低活動)
間質性膀胱炎
間質性膀胱炎手術
便失禁
過敏性腸症候群(下痢型肛門疾患)
萎縮性硬化性苔癬
閉経関連性器泌尿器症候群(GSM)
膣弛緩
陰唇痛ヴルヴォディニア
膣メッシュ摘出手術
泌尿器科の往診(新規ありません)
排泄学入門
尿失禁TVT手術
尿失禁自家移植手術
レーザー尿失禁治療
レーザー便失禁治療
便失禁手術治療
アスリートの尿失禁治療

提供される医療の内容(2)
骨盤ドップラー超音波検査
NBI方式デジタル膀胱子宮直腸内視鏡
デジタル光学顕微鏡システム
ウロダイナミック検査
プレッシャーフロー検査
人工知能(AI)を用いたビックデータ解析
(手術設備)
4Kモニター付き手術室
画像3D変換手術アシスト
移植による骨盤臓器脱治療
間質性膀胱炎ハンナ潰瘍レーザー治療
間質性膀胱炎DMSO治療
過活動膀胱ボツリヌス毒素注入治療
内視鏡的尿管拡張システム
乳がん経験者の骨盤臓器脱・GSM
エルビウム・ヤグ・レーザー
ネオジウム・ヤグ・レーザー
腹腔鏡手術(膣断端脱)
医療提供の結果に関すること
手術件数(2023年~2021年)
手術件数(2020年)
手術件数(2019年)
手術件数(2018年)
倫理委員会情報
まんがによる知識
Unicorn-Study
当院と世界の注目論文
査読付き国際論文
アマゾン書籍特集サイト

PAGE TOP