骨盤臓器脱ポリプロピレンメッシュが引き起こす合併症のメカニズム

この論文は、骨盤臓器脱(POP)修復に使用されるポリプロピレンメッシュが引き起こす合併症の背後にあるメカニズムを探っています。研究チームは、リーサスマカクザルの膣に、通常は開いている孔を持ち、植え付け後に比較的平らな状態を保つメッシュに意図的に孔の崩壊としわを導入することで、実際にメッシュの合併症を再現しました。孔の崩壊やしわがある状態(変形)とない状態(平ら)で植え付け、12週間後に変形メッシュを持つ動物は2つの合併症、(1) 膣上皮を通じたメッシュの露出、および (2) 線維化を伴う筋線維芽細胞の増殖 – 痛みのメカニズム、を経験しました。変形メッシュに対する全体的な反応は、加速されたアポトーシス、コラーゲン含有量の減少、プロテアーゼの増加、機械的完整性の劣化、およびストレスシールディングに一致する収縮機能の喪失に関連した膣の薄化でした。これは、メッシュ露出の前駆体です。しかし、一部の領域では筋線維芽細胞の増殖とマトリックスの堆積が観察されました。変形メッシュによって課される異なる機械的刺激がこれら2つの異なる反応を引き起こす可能性があります。植え付け後に平らで開いた孔を維持し、膣に均一なストレスを与えるメッシュの使用は、メッシュ増強手術の合併症を減らすための重要な要素です。

要約すると、この研究は、骨盤臓器脱修復におけるポリプロピレンメッシュの使用が、特にメッシュが変形することにより、組織の劣化と線維化を引き起こし、それがメッシュ露出と痛みの原因となる可能性があることを明らかにしています。これらの合併症を減少させるためには、平らな状態で開いた孔を持つメッシュの植え付けが重要です。

この論文は、メッシュの挿入の仕方が問題を引き起こすと考えている。

Acta Biomater. . 2022 Aug:148:323-335.

doi: 10.1016/j.actbio.2022.05.051. Epub 2022 Jun 6.

Mesh deformation: A mechanism underlying polypropylene prolapse mesh complications in vivo

 

関連記事

  1. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

  2. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

  3. 【当院の海外論文】メッシュびらん:膣から出血する人の治療

  4. 骨盤臓器脱の腹腔鏡側方吊り上げ手術後に生じる骨盤痛

  5. 膀胱に露出したメッシュは摘出すべきだ

  6. 骨盤臓器脱手術におけるメッシュ使用の骨盤痛と性交痛

PAGE TOP