骨盤臓器脱の腹腔鏡側方吊り上げ手術後に生じる骨盤痛

骨盤臓器脱のための腹腔鏡側方吊り上げ手術後に生じる骨盤痛:認識されていない問題か?

腹腔鏡側方吊り上げ(LLS)手術は、プロモントリーでの解剖を避けるための代替メッシュ手術方法です。しかし、慢性の骨盤痛、性交痛、膀胱痛などのメッシュ関連の合併症が明らかになってきました。本研究では、LLS手術後に慢性骨盤痛を訴えて当センターを受診した患者の事例報告と小規模な事例集を紹介します。

方法:子宮を温存したLLS手術後に慢性の腹部・骨盤痛、性交痛、反復性尿路感染症(UTIs)を持つ50歳の女性の手術ビデオを提供します。さらに、当機関で類似の事例に関する後ろ向きのチャートレビューを実施しました。

結果:紹介された手順は、合併症なく完了し、症状の緩和を得ることに成功しました。2018年から2022年の間に、LLS後の痛み関連症状のために、5人の患者がメッシュの全体または部分的な除去手術を受けました。中央値で24ヶ月のフォローアップ時点で、全患者が痛みから解放されましたが、2人(40%)は脱の再発のために再手術が必要でした。

結論:研究グループの経験から、LLSは慢性骨盤痛のリスクを伴い、それを管理し、外科的治療を要することがあります。

Pelvic pain after laparoscopic lateral suspension for pelvic organ prolapse: an unrecognized problem?

Frigerio M, Barba M, Cola A, Marino G, Volontè S, Melocchi T, De Vicari D, Passoni P.Int Urogynecol J. 2023 Apr;34(4):951-955. doi: 10.1007/s00192-022-05374-4. Epub 2022 Oct 7.

 

関連記事

  1. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

  2. 現在の方法ではメッシュの痛みを正確に評価できない

  3. 【当院の海外論文】妊娠を希望する女性には人工メッシュよりもレ…

  4. 49人中2人は骨盤膿瘍で会陰メッシュ摘出

  5. 骨盤臓器脱ポリプロピレンメッシュが引き起こす合併症のメカニズ…

  6. 膀胱に露出したメッシュは摘出すべきだ

PAGE TOP