膀胱に露出したメッシュは摘出すべきだ

膀胱にメッシュが露出するメッシュトラブルがあります。これは、確率的におこりえるものです。このメッシュにたいして、摘出しべきだという論文です

Cystoscopic removal of transvaginal mesh: Long-term outcomes.
Anderson K, Perrouin-Verbe MA, Bridgeman-Rutledge L, Skews R, Hashim H.BJUI Compass. 2023 May 23;4(5):543-548. doi: 10.1002/bco2.254. 

目的:この研究の目的は、女性の尿失禁(SUI)および骨盤臓器脱(POP)用メッシュが尿路に浸出した場合の、長期間の生活の質と機能的な結果を評価することです。

患者と方法:当院の高度な治療を提供する中核施設において、2013年4月から2021年8月までの間に、浸出したメッシュの膀胱鏡的切除の症例を後ろ向きに検討しました。手術後の患者報告アウトカムは、質問票を通じて収集されました。これには、泌尿器科的苦痛インベントリ短縮版(UDI-6)、EQ-5D-5L視覚アナログスケール、ICIQ-Satisfaction(ICIQ-S)、および手術後の性的機能に関する追加の質問が含まれます。

結果:研究期間中、61歳(45-87)の中央値年齢を持つ27人の女性が、Holmium-YAGレーザー(56%)またはバイポーラループ切除(44%)を使用して、膀胱鏡的メッシュ除去手術を受けました。メッシュの浸出の最も一般的な症状は、再発性尿路感染症(67%)でした。その他の主訴は痛み(41%)、尿の急迫感±失禁(41%)、および排尿障害(18%)でした。20人の患者(中央値フォローアップ:24か月)から得られた長期間のフォローアップの結果によれば、メッシュ除去は80%の患者によって成功と評価され、100%の患者が同じ状況で再び手術を受けると選択すると回答しました。再発性SUIは回答者の45%に報告され、尿の急迫性失禁は50%でした。性的機能の質問に回答した患者の50%が、メッシュ除去後の性的機能の改善を報告しました(12人中6人)。

結論:女性のSUIおよびPOPメッシュの浸出物の膀胱鏡的除去は、適切に選択された患者において、2年間の中央値フォローアップで高い患者満足度と低いモルビディティと関連しています。患者中心の共有の意思決定プロセスは、メッシュ除去手術に続く選択肢と予想される結果について患者に対するカウンセリングにおいて重要です。

キーワード:膀胱鏡的;浸出;メッシュ;アウトカム;経膣的。

関連記事

  1. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

  2. 骨盤臓器脱手術:メッシュ問題の時代にどのような選択肢があるか…

  3. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

  4. 骨盤臓器脱ポリプロピレンメッシュが引き起こす合併症のメカニズ…

  5. TVT手術ではType3の腹圧性尿失禁は14%解決しない

  6. 骨盤臓器脱日帰り手術は子宮摘出まで可能

PAGE TOP