再発性尿路感染症に低用量膣エストロゲン

再発性尿路感染症を予防するための治療法として、ホルモン低下症の女性に対して膣エストロゲンが使われています。この治療法に関する研究が行われました。

この研究では、2009年から2019年までに膣エストロゲンが処方された女性たちを対象にし、1年間の期間で尿路感染症の頻度と膣エストロゲンの関連を調べました。参加者は、処方された薬を1年間以上続けるように指示されました。ただし、体の異常やがん、または特定の手術を受けた人は除外されました。

研究結果では、5638人の女性が含まれ、その平均年齢は70.4歳でした。彼女たちの尿路感染症の頻度は、処方の前の1年間で平均3.9回だったのに対し、処方の後の1年間で平均1.8回に減少しました。つまり、膣エストロゲンの使用によって尿路感染症の回数が50%以上減少したということです。

また、研究では、年齢や基本的な健康状態、薬の服用頻度などが、処方後の尿路感染症のリスクに影響を与えることもわかりました。

この研究の結果は、膣エストロゲンが再発性尿路感染症の予防に有効であることを示しています。ただし、高齢や基本的な健康状態などによって個人差があるため、具体的な治療については医師と相談する必要があります。

関連記事

  1. 英国政府は、骨盤メッシュの患者に謝罪し、支援し補償する必要が…

  2. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

  3. 人参養栄湯は、うつ症状を改善させる

  4. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

  5. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  6. メッシュ手術後疼痛は摘出しても3割のみ

PAGE TOP