LSC手術に伴う脊椎椎間板炎によるメッシュ摘出

要約: 背景: LSC(メッシュを膣仙骨固定する手術)に伴う脊椎椎間板炎は非常にまれです。感染症とメッシュの拒絶反応が主な原因です。メッシュの取り外しは患者の回復に不可欠で、非常に難しい手術が必要です。

症例: 72歳の女性がLSC手術の直後に強い腰痛を訴えて来院しました。磁気共鳴画像検査を行い、LSC手術に伴う脊椎椎間板炎が疑われました。適切な回復を確保するためには、メッシュの取り外しが必要でした。

結論: LSC手術に伴う脊椎椎間板炎は、患者が軽度の腰痛であり、一次的な鎮痛薬では適切にコントロールできない場合に疑われます。感染症またはメッシュの拒絶反応が考慮されます。患者の回復を確保するためには、メッシュの完全な取り外しが必要です。

この論文にまれと書いているが、軽度の腰痛であり、一次的な鎮痛薬では適切にコントロールできない場合はLSCではしばしばであう。みおとされている可能性がある

関連記事

  1. 現在の方法ではメッシュの痛みを正確に評価できない

  2. メッシュ手術後疼痛は摘出しても3割のみ

  3. TOT手術からの経閉鎖孔テープの根治的切除

  4. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

  5. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  6. メッシュインプラントによって傷つけられたスコットランドの何百…

PAGE TOP