49人中2人は骨盤膿瘍で会陰メッシュ摘出

腹骨会陰切除(APR)と会陰メッシュ挿入の短期および中期の結果:単一施設での経験

要旨 目的:APR(腹骨会陰切除)は、低直腸/肛門癌の治療において重要な手術です。しかし、特にエキストラレベーターAPR(ELAPR)において、会陰の創部閉鎖は難しく、組織の隙間があるために挑戦的です。会陰の創部修復を改善するためにさまざまな方法が試みられています。この研究の目的は、生物学的メッシュを使用した会陰創部閉鎖の6年間の経験を報告することです。

方法:2016年から2021年にかけてAPRと会陰メッシュ閉鎖を受けた患者のデータを、前向きに保持されたデータベースから抽出して、後方視的研究を実施しました。

結果:6年間で49人の患者が低直腸癌のために会陰メッシュ再建を伴うAPRを受けました。そのうちの63%が男性で、平均年齢は68歳(±11)、平均BMIは27.9(±13.7)でした。患者の49%(24人)が新養分療法を受けました。88%(43人)の患者が標準の「S-APR」を受け、わずか12%(6人)がELAPRを受けました。手術の大部分は腹腔鏡下(87.8%)で、転換率は6.9%でした。平均入院期間は11.7日(±11.6)でした。会陰の創部感染率は30%で、腸切除性会陰瘻および骨盤膿瘍によりメッシュ除去が必要な患者は2人でした。会陰ヘルニアは2人の患者(4.1%)で見られました。 CRMは患者の81.6%で陰性でした。平均のフォローアップ期間は29.2か月(±16.5)で、9人(18.3%)の患者で疾患再発が発生し、再発までの平均月数は21か月(±7)でした。フォローアップ期間中の全生存率は91%でした。

メッシュ摘出の専門からのポイント

腸切除性会陰瘻および骨盤膿瘍によりメッシュ除去が必要な患者は2人。この手術は、むずかしく、摘出後の痛みをともなうことである

関連記事

  1. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  2. メッシュ摘出すると膣の痛みが改善

  3. 骨盤臓器脱ポリプロピレンメッシュが引き起こす合併症のメカニズ…

  4. ポリプロピレンメッシュが神経に与える細胞形態学的影響

  5. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

  6. 鼠径ヘルニア・メッシュ、現在のエビデンスは非常に不確実

PAGE TOP