高齢で肥満の女性はTOT法のほうが成績がよい

Cureus . 2023 Jan 23;15(1):e34072. doi: 10.7759/cureus.34072. eCollection 2023 Jan. The Transobturator Tape Versus Retropubic Tension-Free Vaginal Tape in the Treatment of Comorbid and Elderly Women With Stress Urinary Incontinence: A Retrospective Analysis of Over 800 Women Sabine Schütze

この研究は、女性のストレス性尿失禁(SUI)の手術治療において、高齢者や合併症を持つ女性への影響を調査したものです。通常、SUIの手術治療には中尿道スリング(MUS)が使用され、その中にはTransobturator Tape(TOT)とRetropubic Tension-Free Vaginal Tape(TVT)が含まれます。しかし、これらの手術を年配の方や合併症を抱える女性に提供することが、合併症のリスクを増加させる可能性があるかどうかは重要な問題です。この研究では、これらの2つの手術を比較し、年齢、BMI、および合併症が合併症に与える影響を評価しました。

研究では、2007年から2017年にかけて実施された873件の手術(306件のTVTと567件のTOT)を対象に、年齢、BMI、および合併症との関連性を調査しました。手術中の合併症には、50 ml以上の出血、膀胱損傷、麻酔関連の合併症が含まれました。手術後の合併症には、残尿感、疼痛、ヘマトーマ、下部尿路感染症、テープの緩みのための再手術、膀胱感染症が含まれました。合併症の程度は、アメリカ麻酔科学会(ASA)およびCharlsonスコアに基づいて評価されました。

研究結果では、873件のMUSのうち、306件がTVT、567件がTOTであることが示されました。これらの手術の比較から、TOT群の女性はTVT群と比較して年齢が高く(p<0.001)、BMIが高く(p<0.001)、ASAスコアが高かった(p<0.001)ことがわかりました。それにもかかわらず、特に膀胱損傷などの手術中の合併症がTVT群で記録されました。手術後の合併症は、全体の19.4%で発生し、特に残尿感が増加しました。手術後のヘマトーマとテープの緩みはTOT群で有意に頻繁に発生しました。年齢、BMI、および合併症は手術中の合併症には有意な影響を与えませんでしたが、TOT手術は手術中の合併症が有意に少ないことが示されました(p=0.001、オッズ比(OR):0.281)。

総じて、両方の手術は手術周術期の合併症が少なかったです。TOT手法は手術中の合併症の発生率が低かったです。年齢や合併症は手術中および手術後の合併症率に影響を与えなかったことから、高齢者、肥満者、合併症を抱える女性にSUIを治療するためにTOTを選択することをお勧めします。

 

関連記事

  1. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,…

  2. 【当院の海外論文】ヴルヴォディニアに対するレーザー治療の効果…

  3. ネイティブ手術(メッシュなしの手術)は副作用がほとんどない

  4. 【当院の海外論文】スポーツ選手の尿失禁治療

  5. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  6. TVT手術ではType3の腹圧性尿失禁は14%解決しない

PAGE TOP