骨盤臓器脱手術再発のリスクは?過去の論文を統計的にまとめる

女性の骨盤臓器脱は一般的な状態で、再建手術後に再発することが多いです。再発の原因はよく分かっていませんでした。この研究では、再発の原因を調べるためにたくさんの情報を集めて、結果をまとめました。29の研究から6597人の患者を調査しました。手術後に骨盤臓器脱が再発する割合は37.7%でした。再発のリスク要因として、肛門括約筋の損傷(リヴェーター・アブルジョン)、手術前の重度な状態(ステージ3以上)、Valsalva演技時に見られる骨盤内の広がり(ハイアタル・エリア)、そして以前に骨盤底の手術を受けたことが重要な要因として見つかりました。これらの要因が再発のリスクにつながります。これにより、骨盤臓器脱の再発を防ぐための治療に役立つ情報が得られました。これからは、再発のリスクを考慮して治療を選ぶことができるようになるでしょう。

関連記事

  1. 残念ながら現在のメッシュは開発途上!劣化と炎症

  2. メッシュ手術後疼痛は摘出しても3割のみ

  3. 骨盤臓器脱手術:メッシュ問題の時代にどのような選択肢があるか…

  4. レーザー尿失禁治療:VELアカデミー会議(フィレンツェ)

  5. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

  6. 【当院の海外論文】メッシュ摘出はその後のメンテナンスが重要

PAGE TOP