骨盤臓器脱手術におけるメッシュ使用の骨盤痛と性交痛

骨盤臓器脱手術におけるメッシュ使用の二重の剣:症例報告

導入:骨盤臓器脱(POP)は、出産経験のある女性の間で広く見られる状態であり、しばしば外科的介入を必要とします。この症例は、POP手術におけるメッシュ関連の合併症を強調し、その使用に対するエビデンスに基づいたアプローチと徹底した患者への説明の必要性を繰り返し述べています。

症例紹介:60歳の女性が、メッシュを用いたPOP修復手術後、持続する骨盤痛と複数の介入による13年間の旅を始めました。いくつかの国でメッシュと石の除去を含む複数の手術を受けたにもかかわらず、特に骨盤痛と性交痛といった彼女の症状は続きました。臨床検査では、メッシュが膀胱周囲組織と膀胱に浸食し、関連する石があることが明らかにされ、これらは複数の介入によって対処されましたが、成功は一時的でした。

議論:この患者の複雑な旅は、POP手術におけるメッシュが引き起こす複雑な課題を例示しています。メッシュの応用は最小侵襲的アプローチを提供し、多くの症例で成功を収めていますが、同時に潜在的な重篤な合併症のパンドラの箱を開ける可能性があり、徹底した患者説明と術後の管理が必要です。

結論:この症例は、POP修復後のメッシュ関連合併症を巡る、臨床医と患者がたどる難しい道のりを示しています。メッシュはPOP手術における革命的なアプローチとして賞賛されていますが、その潜在的な欠点は慎重な使用を必要とし、臨床医はそれに関連するリスクを十分に理解し、続く合併症を管理する能力が必要です。

The double-edged sword of mesh use in pelvic organ prolapse surgery: a case report.

Alibrahim FK, AlMohaisen SM, Almajed WS, Alzughaibi MA, Alasiry A, Alghafees M, Sabbah BN.Ann Med Surg (Lond). 2023 Dec 4;86(2):1072-1075. doi: 10.1097/MS9.0000000000001531. eCollection

 

関連記事

  1. 膀胱に露出したメッシュは摘出すべきだ

  2. 【当院の海外論文】メッシュびらん:膣から出血する人の治療

  3. 49人中2人は骨盤膿瘍で会陰メッシュ摘出

  4. メッシュトラブルが、たった2年でも13%も。メッシュなし手術…

  5. 【当院の海外論文】vNOTESという新技術でメッシュ摘出を安…

  6. メッシュインプラントによって傷つけられたスコットランドの何百…

PAGE TOP