過活動膀胱に対するボツリヌス注射は女性のほうが効きやすい(仮説)

過活動膀胱症候群(OAB)について、男女間での生理的な違いや治療に対する反応について簡単に説明します。

結果: 女性は男性よりも膀胱の容量が小さく、そのために頻尿がより多く見られる傾向があります。一方、男性は膀胱の出口抵抗が大きいため、頻尿よりも排尿に時間がかかることがあります。膀胱の収縮力に関しては、性差はほとんど見られないとされています。ただし、女性の膀胱平滑筋の弛緩能力はわずかに男性よりも小さいかもしれません。ストレス性尿失禁は、主に女性(特に出産後の女性)によく見られます。一方、OABは男女に同様に多く見られますが、治療を求める頻度や臨床試験に参加する割合では女性の方が多いです。薬による治療では、男女間でほぼ同じ効果がありますが、オナボツリヌストキシンA型注射による改善は男性では少し小さい傾向があります。ただし、実験的な研究においては、女性の参加が非常に少ないことが確認されています。ですから、まだ仮説の段階です

関連記事

  1. 女性における過活動膀胱薬物処方率の季節変動

  2. アルツハイマー認知症の素因のある人が抗コリン薬を服用した場合…

  3. イミダフェナシンは過活動膀胱症候群患者のための現在の抗ムスカ…

  4. 【当院の海外論文】ボツリヌス膀胱注射治療には排尿日誌とフレイ…

  5. 【当院の海外論文】ボツリヌス膀胱注射を数学の力で科学的に治療…

  6. 過活動膀胱に対してオナボツリヌス毒素Aの膀胱内注射を受けてい…

PAGE TOP