腹腔鏡骨盤臓器脱手術は低腹圧で

骨盤臓器の脱出を治療する際、特に子宮を摘出した場合は、固定する場所がなくなります。そんな場合は、仙骨にある靭帯などを使って固定する方法があります。この方法では、腹腔鏡と呼ばれる装置を使います。この装置はお腹に二酸化炭素を入れて膨らませますが、その気圧に注意が必要です。なぜなら、気圧が低すぎると、手術を安全かつ副作用なく行うことができるのです。

この方法を受けた女性患者80人を対象に、術中の気腹圧を下げることで、手術後の痛みや鎮痛剤の使用量が減るかどうかを調査しました。標準的な気腹圧(15mmHg)と実験的な低気腹圧(12mmHg)を比較し、主要な評価項目として、手術後24時間以内の痛みの程度を視覚的アナログ尺度(VAS)で評価しました。

その結果、低気腹圧のグループでは、手術後1日目の痛みのVASスコアの中央値が、標準気腹圧のグループよりも低かったことがわかりました(17.0mm対29.0mm、P=0.007)。手術時間、出血量、入院期間には差が見られませんでした。また、低気腹圧のグループでは、入院および外来での鎮痛剤の使用量が標準気腹圧のグループよりも少なかったことが分かりました(P=0.04、0.02)。さらに、多変量解析によると、低気腹圧の使用と年齢の上昇は、手術後の痛みのVASスコアと負の関連があることが示されました。

この研究から、術中の気腹圧を下げることで、手術後の痛みが軽減される可能性があることが示唆されました。これにより、患者の痛みの管理に役立つでしょう

関連記事

  1. メッシュ手術後疼痛は摘出しても3割のみ

  2. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

  3. 尿失禁テープの一部を人体組織に置き換えるハイブリッド

  4. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

  5. 腹腔鏡下仙骨腟固定術での生命の危険を脅かす症例

  6. メッシュをもちいる利点はない(PROSPECT研究への医学者…

PAGE TOP