尿失禁のテープを挿入したあとの切迫性尿失禁出現率

咳をするともれる、腹圧性尿失禁です。このとき、尿道から支えるためのテープを挿入する(MUS手術)と、まれに、尿失禁が悪化します。それは、急に尿意を感じて漏れる切迫性尿失禁です。

カリフォルニア大学の研究者は、この出現率を6%だと、以前からの報告と同じであることをしめしました。彼らは、6%であるなら、患者は安心する、と書いてますが、この6%に入る人がどのような人なのか?そして、どうしたらなおるのかは、この論文にはありません。

 

では、論文の説明です。

2008 年 1 月 1 日から 2016 年 9 月 30 日までの間に MUS 手術を受けた患者における新規 OAB 症状の後ろ向きコホート研究でした。患者は、MUS の最新の手続き用語コードと国際疾病分類を使用して特定されました。研究期間中、13,893 人の患者が MUS 手術を受け、6,634 人が対象基準を満たしました。平均年齢は56.9歳、平均出産数は2.76、平均BMIは28.9。

多変量回帰モデリングでは、新たな緊急性と UUI は同時手術と関連していませんでした (P < 0.05)。年齢とBMIの増加は、夜間頻尿のリスク増加と関連していました(P < 0.05)。

結論: MUS 手術後の de novo OAB の発生率は 6.1% でした。これは現在の文献と一致しており、MUS 手術の術前カウンセリングに重要な情報を提供します。

関連記事

  1. ネイティブ手術(メッシュなしの手術)は副作用がほとんどない

  2. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,…

  3. 過活動膀胱に対するボツリヌス注射は女性のほうが効きやすい(仮…

  4. 【当院の海外論文】ボツリヌス膀胱注射を数学の力で科学的に治療…

  5. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  6. 【当院の海外論文】乳がんサバイバーの女性泌尿器科治療マニュア…

PAGE TOP