【当院の教科書執筆】今日の治療指針2022年『間質性膀胱炎』執筆

「膀胱への治療」と「膀胱周囲への治療」と大きく二つのアプローチが出現した間質性膀胱炎について執筆しました。

1)膀胱への治療
このアプローチには、膀胱水圧拡張、ハンナ病変治療(レーザーを含む)、DMSO膀胱注入があります
2)膀胱周囲への治療
このアプローチには、膣・陰唇レーザー治療、膣・陰唇女性ホルモン補充療法、高圧酸素療法などがあります

関連記事

  1. 【当院の海外論文】間質性膀胱炎/膀胱痛症候群に対するYAGレ…

  2. ネオジムYAGレーザーによる間質性膀胱炎の治療:スウェーデン…

  3. 間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の病態生理に関する最新情報

  4. ネオジムの使用:間質性膀胱炎のためのYAGレーザー:前向き研…

  5. レーザー尿失禁治療:VELアカデミー会議(ローマ)

  6. 【当院の海外論文】外陰部痛(ヴォルヴォディニア)へのレーザー…

PAGE TOP