レーザー尿失禁治療:VELアカデミー会議(ローマ)

2022 年 11 月 16 日

ローマで開催された今年の第 8 回年次国際フォーカス ミーティングは印象的で成功したイベントで、26 か国以上から参加者が集まり、18 の異なる国籍を代表するスピーカーによる合計 28 のプレゼンテーションが行われました。ミネルバ・メディカ発行の新刊『 The Laser Essentials: the Cookbook for Functional Gynecology and Aesthetics』の初版発表もあり、顕著な興奮がありました。

本に加えて、他の新しい研究出版物やレーザー婦人科の新しい治療法についても学び、潜在的な新しい適応症に関する新しいアイデアが共有され、議論されました. VELA アカデミーは、女性の健康と生活の質に専念する独立した科学組織として、レーザーと磁気刺激を使用した革新的な婦人科アプリケーションの医学研究、教育、出版に引き続き注力しています。

関連記事

  1. 子宮摘出後の腹圧性尿失禁に対する治療方法の研究

  2. 【当院の教科書執筆】今日の治療指針2022年『間質性膀胱炎』…

  3. 【当院の海外論文】軽度便失禁にレーザー治療が効果。

  4. 【当院の海外論文】外陰部痛(ヴォルヴォディニア)へのレーザー…

  5. 【当院の海外論文】メッシュびらん:膣から出血する人の治療

  6. ネオジムの使用:間質性膀胱炎のためのYAGレーザー:前向き研…

PAGE TOP