メッシュトラブルは糖尿病の人に関係

この論文から言えることは、

HBA1c(ヘモグロビンA1c)の悪い人は、メッシュを使ってはいけない!

ということです。

 

アメリカ、ペンシルバニアからの報告です

「糖尿病における泌尿器科メッシュに対する炎症反応の乱れとその影響」という論文では、糖尿病を持つ女性が尿失禁や骨盤臓器脱のためにメッシュ補強手術を受けた際に起こるメッシュの問題について調べています。糖尿病は、これらの手術で使用されるメッシュに関連する合併症の独立したリスク要因ですが、その背後にあるメカニズムは明確ではありません。

この研究の目的は、糖尿病がメッシュに対する体の炎症反応にどのような変化を引き起こすかを明らかにし、それを手術前後の血糖管理と関連付けることです。

研究では、メッシュ除去手術を受けた患者200人の医療記録を調査しました。その中で、糖尿病と診断された患者25人については、メッシュ植え込み前、除去前後の血糖管理を血糖値とHbA1cレベルで評価しました。糖尿病のある患者とない患者から採取した組織サンプルを比較し、免疫細胞マーカー、免疫媒介物質、重要な炎症調節因子などの遺伝子発現プロファイルを調べました。

結果として、糖尿病を持つ患者は、メッシュ植え込み後の血糖管理が不十分であり、除去前後に血糖が緩やかにあるいは不十分に管理されている患者が59%に上りました。両グループの除去されたメッシュ組織複合体では、慢性炎症反応が観察されましたが、糖尿病グループでは、特にM2型マクロファージ(免疫反応を和らげる細胞)のマーカーが増加していました。また、糖尿病グループでは、特定の炎症関連遺伝子の発現が上昇している一方で、炎症を引き起こす別の因子は意外にも減少していました。

糖尿病は、メッシュ植え込みにおける長期的な炎症反応を変化させ、特に先天免疫細胞の機能不全に関連していることが示されました。メッシュ植え込み後の血糖コントロールの最適化が不十分であることが、この免疫調節の乱れに寄与している可能性があり、さらなるメカニズムの研究が必要であると結論付けられました。

簡単に言うと、この研究は糖尿病を持つ女性がメッシュ手術後に経験するかもしれない合併症のリスクが高まる理由を探っています。特に、体の炎症反応がどのように乱れ、それがメッシュの問題にどのように関連しているかを調べています。この知見は、これらの患者の術後ケアにおいて重要な洞察を提供します。

 

 

Dysregulated Inflammatory Response to Urogynecologic Meshes in Women with Diabetes and Its Implications

  • Authors: R Liang, ER Shaker, M Zhao, K Gabrielle, et al.
  • Journal: American Journal of Obstetrics and Gynecology
  • Year: 2024
  • DOI: The specific volume, issue, and page numbers, along with the DOI, were not provided in the extracted content. For detailed bibliographic information, please refer to the article’s page on the publisher’s website

関連記事

  1. 尿失禁と骨盤臓器脱のレーザー治療

  2. フランス政府の出したメッシュのガイドライン

  3. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  4. 腹腔鏡骨盤臓器脱手術は低腹圧で

  5. 骨盤臓器脱ポリプロピレンメッシュが引き起こす合併症のメカニズ…

  6. 腹腔鏡下仙骨腟固定術での生命の危険を脅かす症例

PAGE TOP