残念ながら現在のメッシュは開発途上!劣化と炎症

現在のメッシュで劣化する!

ポリプロピレンの劣化は、メッシュの表面のひび割れや剥がれとして現れます。このメッシュの経年変化により、生体適合性の要件に反してバイオスタビリティが不足しています。しかし、現在までに、このメッシュの劣化が局所的な組織反応に及ぼす影響とその後の臨床的な影響がどれだけ明確にされているわけではありません。この研究は、100個の人間の骨盤底から摘出されたポリプロピレンメッシュを分析することで、メッシュの劣化が炎症反応にどのように影響するかを調べることを目的としています。摘出されたメッシュの標準的な病理学的なH&E染色のスライドを光学顕微鏡で分析し、メッシュの劣化を4つのクラス(無劣化、軽度劣化、中程度劣化、重度劣化)に分類するための劣化分類法を開発しました。そして、自然免疫反応の最も一般的な細胞マーカーであるCD68(マクロファージのマーカー)、CD86(M1サブタイプのマーカー)、CD163(M2サブタイプのマーカー)、CD3(Tリンパ球のマーカー)、CD15(好中球顆粒細胞のマーカー)の発現をスコアリングして、メッシュ周囲の炎症反応を分析しました。そして、免疫細胞の発現、劣化分類、メッシュの植え込み時間の相関関係をスピアマン・ロー・テストで評価しました。メッシュの劣化は、メッシュの植え込み時間が長くなるにつれて有意に悪化しました(p < .001)。高い劣化クラスのメッシュほどCD68の発現が増加する傾向は、マクロファージの数がメッシュの劣化が悪化するにつれて増加していることを示しています。重度に劣化したメッシュによるCD163とCD3細胞の顕著な増加は、メッシュの劣化が深刻になるとM2およびTリンパ球の数が増加することを示しています。炎症細胞のいずれも、植え込み時間が長くなるにつれて通常の減少する発現を示しませんでした。

残念ながら、メッシュは開発途上である

この研究の結果から、ポリプロピレンメッシュの劣化が女性の骨盤底における局所的な炎症反応を増強させることが示唆されます。骨盤底におけるメッシュ植え込みには、より良いバイオスタビリティを持つ材料が必要とされることが示されました。

 

 

関連記事

  1. 人参養栄湯は、うつ症状を改善させる

  2. メッシュトラブルは糖尿病の人に関係

  3. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  4. 骨盤臓器脱のメッシュなしの手術は第一選択の地位に戻りつつある…

  5. フランス政府の出したメッシュのガイドライン

  6. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

PAGE TOP