ポリプロピレンメッシュが神経に与える細胞形態学的影響

この研究では、重量級および軽量級のポリプロピレンメッシュが鼠径神経に与える細胞形態学的影響を、実験動物モデルを使用して調査しました。ニュージーランド産オスウサギ16匹が研究に含まれました。最初の6匹のウサギの左鼠径部はコントロールグループとして、右鼠径部はシャム(偽手術)グループとして割り当てられました。残りの10匹の左鼠径部は軽量メッシュグループ、右鼠径部は重量メッシュグループとして割り当てられました。コントロールグループには介入が行われませんでした。シャムグループでは、鼠径神経の探索のみが行われました。メッシュグループでは、鼠径神経の探索が行われ、その後メッシュが鼠径神経に植え付けられました。3ヶ月後、細胞形態学的検査のために両側から鼠径神経の標本が切除されました。

結果として、重量メッシュグループでは、軽量メッシュグループと比較して、髄鞘の肥厚、髄鞘層の分離、および髄鞘内空胞化がより顕著でした。G比(髄鞘の厚さと軸索の直径の比)は、重量メッシュグループで他のグループと比較して中程度に増加しました。直径が4µm以下の繊維の比率は、軽量メッシュグループで他のグループと比較して高く、直径が9µm以上の繊維の比率は、重量メッシュグループで他のグループよりも高かったです(p<0.05)。

この研究の結論として、両方のメッシュが異物反応と圧迫によって隣接する神経組織に細胞形態学的変化を引き起こすことが示されました。鼠径神経の変性は、軽量メッシュよりも重量メッシュで顕著でした。異なるメッシュによって引き起こされる鼠径神経の組織学的変化は、ヘルニア手術後の慢性疼痛に関連している可能性があります。この研究が、このトピックに関する将来の研究のガイドとして役立つと信じています。

doi: 10.7759/cureus.37038. eCollection 2023 Apr.

Cytomorphological Effects of Lightweight and Heavyweight Polypropylene Mesh on the Ilioinguinal Nerve: An Experimental Study

関連記事

  1. 腹腔鏡メッシュ手術後の女性における健康関連の懸念

  2. メッシュによる膣脱修復手術後の痛みは治療が必要な神経障害にな…

  3. 【当院の海外論文】メッシュびらん:膣から出血する人の治療

  4. 現在の方法ではメッシュの痛みを正確に評価できない

  5. 骨盤臓器脱腹腔鏡メッシュ術後の膀胱びらんと骨盤痛

  6. 骨盤臓器脱の腹腔鏡側方吊り上げ手術後に生じる骨盤痛

PAGE TOP