フランス政府の出したメッシュのガイドライン

 

フランス政府の出したメッシュのガイドラインです

合成非吸収性メッシュを使用した骨盤臓器脱 (POP) 手術に伴う合併症はまれですが (5% 未満)、重篤な場合があり、一部の女性の生活の質を大きく低下させる可能性があります。これらの臨床実践に関する推奨事項を作成するにあたり、フランス国家保健局 ( Haute Autorité de santé、HAS ) は、合成メッシュを使用した POP 手術に関連する合併症の診断、予防、管理に関する文献の徹底的なレビューを実施しました。最終的な目的は、これらの合併症の罹患率を減らし(予防し)、診断プロセスと管理の質を高めることです。これらの推奨事項は、予防、特定 (診断)、評価 (評価)、治療を含む外科的合併症の管理に関するものです。これらの推奨事項は、補綴補強要素を使用した POP 手術による合併症の管理に限定されています。医学的合併症(脳卒中、血栓塞栓性イベントなど)、POPの再発、および新たな腹圧性尿失禁の管理は除外されました。

### 出血、血腫

出血、血腫:膣経路による骨盤臓器脱(POP)手術中に血管収縮剤を使用した膣内浸潤は推奨されません(グレードC)。POP手術後の膣パッキングの配置も推奨されません(グレードC)。腹腔鏡下仙骨腸骨腔固定術中に、仙骨突起が非常に危険であると思われる場合や、重度の癒着が前方脊椎靭帯へのアクセスを妨げる場合には、手術中に代替の手術技術について検討すべきです。これには、側方メッシュによる腹腔鏡下腸骨腔固定術、子宮仙骨靭帯吊り上げ術、開腹メッシュ手術、または膣経路による手術が含まれます(専門家の意見)。

合成メッシュを使用した骨盤臓器脱(POP)手術後の合併症に関する診断と管理について、フランス国立保健機関が臨床実践のためのガイドラインを提供しています。これらの指針は、手術後に発生する可能性のあるさまざまな合併症に対処するための推奨事項を含んでいます。以下に、主なポイントを優しい言葉で説明します。

### 膀胱の損傷
膀胱が損傷した場合、ゆっくりと吸収される糸での縫合修復が推奨されます。特に損傷が膀胱の三角部にある場合は、修復前後に尿管の通過性もチェックすることが大切です。修復後、縫合がしっかりしていれば、修復した膀胱と膣の間にプロステティックメッシュ(ポリプロピレンまたはポリエステル素材)を配置することができます。この場合、膀胱カテーテルを置く期間は5日から10日間が推奨されます。

### 尿管の損傷
尿管を修復した後でも、修復箇所から離れた場所にメッシュを配置して、仙骨腸骨腔固定術を続行することが可能です。

### 直腸の損傷
直腸に損傷があった場合、どの手法を取るにしても、直腸と膣壁の間に後方メッシュを配置することは推奨されません。前方メッシュに関しては、マクロポーラス単糸のポリプロピレンメッシュの使用が推奨されますが、ポリエステルメッシュの使用は推奨されません。

### 膣壁の損傷
膣壁を修復した後、修復が良好であると判断されれば、前方または後方にマイクロポーラスポリプロピレンメッシュを配置することができます。この場合でも、ポリエステルメッシュの使用は推奨されません。

### メッシュ感染
手術方法に関わらず、アミノペニシリン+β-ラクタマーゼ阻害剤を用いた静脈内抗生物質の予防投与が推奨されます。仙骨腸骨腔固定術後に椎間板炎が診断された場合、治療は脊椎専門家(リウマチ科医、整形外科医、神経外科医)や感染症専門医を含む多職種のグループによって議論されるべきです。合成メッシュによる仙骨腸骨腔固定術後に骨盤膿瘍が発生した場合、可能な限り迅速にメッシュを完全に除去し、手術中の細菌学的サンプル採取、膿瘍の排液、および標的抗生物質療法を行うことが推奨されます。

### 尿閉
手術前に、尿症状(排尿障害、過活動膀胱症候群、失禁)がある女性には尿路動態学検査が推奨されます。手術後の尿閉が発生した場合は、留置カテーテルを使用し、間欠的自己カテーテル法を好むことが推奨されます。

### 術後の痛み
手術前には、長期および慢性の術後痛のリスク要因について患者に尋ねることが推奨されます。術後痛の予防には、手術前、中、後の多面的な痛み治療が推奨されます。特に、リスク要因がある患者に対しては、手術中のケタミンの使用が慢性の術後骨盤痛の予防に推奨されます。

### 術後の性交痛
POP手術後に新たに性交痛が発生した場合、メッシュの外科的除去が議論されるべきです。

### 膣メッシュ露出
膣メッシュ露出のリスクを減らすためには、仙骨腸骨腔固定術中に子宮摘出が必要な場合、子宮頸部を残す手術が推奨されます。無症状の膣メッシュ露出が発生した場合、観察(治療なし)または局所エストロゲン療法が提供されるべきです

。しかし、患者が望む場合は、メッシュの部分的切除も提案されます。

 

Diagnosis and Management of Complications Following Pelvic Organ Prolapse Surgery Using a Synthetic Mesh: French National Guidelines for Clinical Practice

  • Authors: D Xavier, PV Marie-Aimée, CL Sandrine, et al.
  • Journal: European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology
  • Year: 2024

関連記事

  1. 良性婦人科手術時に同時に尿道中部スリングを受ける女性の有害事…

  2. 骨盤臓器脱のファーストライン治療とペッサリー治療の中止

  3. 骨盤臓器脱の外科的治療を天然組織および合成メッシュと比較する…

  4. 【当院の海外論文】vNOTESという新技術でメッシュ摘出を安…

  5. 尿失禁テープの一部を人体組織に置き換えるハイブリッド

  6. 残念ながら現在のメッシュは開発途上!劣化と炎症

PAGE TOP