【当院の海外論文】外陰部痛(ヴォルヴォディニア)へのレーザー治療

間質性膀胱炎に合併しやすい病気に外陰部痛(ヴォルヴォディニア)があります。この治療は、外用薬のステロイドや漢方などを使うと、若干はよくなりますが、治るわけではなく痛みが続きます。そこで、その痛みを生じている部分にレーザー照射をして、細胞を再生すると痛みが激減します。レーザー照射は1回ではむりなので、2回、3回と必要になります。

この研究は、当院でおこなったものです。この下のaのグラフがヴォルヴォディニア・テストの情報で、照射して1年もするとかなり改善します。bは、痛みのスケール(本人の感じ方)で、こちらも改善します。

 

今回の研究は、人工知能をもちいました。人間の目でのバイアスを排除して、正確に統計するためです。

chatGPT-4 が提案した思考プロセスは次のとおりです。研究の全体的な概要を提示した後、chatGPT-4 は、得られたデータの有意性を評価するために、T0 ~ T6 と T0 ~ T6 の 2 つのセットに分けて t 検定を実行することを提案しました。 T12。次に、2 つの指示が示されました。 (1) この研究は痛みに焦点を当てているため、性器の痛みを評価する外陰痛テストと膀胱の痛みを評価する NRS-11 が正しいことを確認するために統計分析を実行することを推奨しました。 、患者のベースライン情報とは相関関係がありません。(2) レーザー治療が生殖器をターゲットにしていることを考慮して、さまざまな要因 (NRS-11、ICSI、ICPI、PUF、排尿回数、膀胱容量) とΔ T0- の間の相関を調べるために統計分析を実施することを提案しました。 6とΔ外陰部検査のT0-12 。(1) では相関が見られなかったため、(2) の統計分析にはピアソン相関係数を使用することが適切であると提案しました。

わかりやすくいうと、間質性膀胱炎という病気ほど、多彩な原因をひとつひとつひも解く必要のあるものはありません。

当院では、上記のように区別をしています。

 

関連記事

  1. 間質性膀胱炎はクラス分けが重要

  2. 膀胱痛症候群/間質性膀胱炎に対するGAG補充療法

  3. 【当院の海外論文】離散数学を用いて、尿失禁をグラフ化に成功

  4. 間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の病態生理に関する最新情報

  5. 【当院の海外論文】乳がんサバイバーの女性泌尿器科治療マニュア…

  6. 【当院の海外論文】間質性膀胱炎/膀胱痛症候群に対するYAGレ…

PAGE TOP