【当院の海外論文】離散数学を用いて、尿失禁をグラフ化に成功

今回は、当院での研究を、離散数学という技術でネットワークグラフ化に成功したというものです。
この研究成果は、Nature姉妹誌 ”サイエンティフィック・レポート”という雑誌に採用されました。このNatureグループの医学ジャーナルに採用されると、NatureポートフォーリオをいうWebに載るので、世界中の人が読むことになります。

それで、どんなことをしたというと、このイラストみたいに、人間の持つ病気を、さまざまな因子に分けて分類し、それを地図のように並べたのです。ここで、地図の上を、カーナビを走らせて、最も最適な治療法をしらべるというものです。
むずかじくいうと、尿失禁の持ついろんな表情を集めて、そのアルゴリズムを見つけて、治療方針を個別に相談できるようにしたということです。

Innovative decision making tools using discrete mathematics for stress urinary incontinence treatment.
Okui N. Sci Rep. 2024 Apr 30;14(1):9900. doi: 10.1038/s41598-024-60407-w.

関連記事

  1. 【当院の海外論文】過活動膀胱に対する投薬とレーザー治療の比較…

  2. 【当院の海外論文】乳がんサバイバーの女性泌尿器科治療マニュア…

  3. 間質性膀胱炎の総説に当院論文が採用。多角的視野での治療を。

  4. 【当院の海外論文】腹圧性尿失禁・混合性尿失禁に対するメッシュ…

  5. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,…

  6. 混合性尿失禁患者における膀胱頸部機能不全の影響

PAGE TOP