【当院の海外論文】メッシュ摘出はその後のメンテナンスが重要

メッシュを挿入したことで、事前に予想できなかったような痛みが出現する場合があります。このような時は、メッシュ摘出が必要なのですが、実際に不足しているのはメッシュ摘出した後のサポートです。サポートがない場合、過去のデータから想像できるのは、多くの患者で、組織の炎症がなかなか取れなくなることです。

私たちは、メンテナンスをする必要性を訴えます。

Okui N, Okui M (January 01, 2024) Mesh Extraction Surgery and Laser Treatment for Pain After Mid-Urethral Sling Surgery: A Case Series. Cureus 16(1): e51431. doi:10.7759/cureus.51431

今回の英語査読論文では、メンテナンスの重要性を説明します。

関連記事

  1. 骨盤臓器脱手術再発のリスクは?過去の論文を統計的にまとめる

  2. 腹腔鏡式メッシュ挿入骨盤臓器脱手術後の直腸の激しい痛み

  3. 膣エルビウムレーザーの安全性:過去8年間に治療された113,…

  4. 良性婦人科手術時に同時に尿道中部スリングを受ける女性の有害事…

  5. 英国政府は、骨盤メッシュの患者に謝罪し、支援し補償する必要が…

  6. レーザー尿失禁治療の有効性と安全性を証明する最高レベルの医学…

PAGE TOP